ウェザリングと仕上げ塗装 HG 1/72 メイレスジョウガン

過程
ユネプラ
ユネプラ

ウェザリングと仕上げ塗装を行います。

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 メイレスジョウガン」
ウェザリングに分類される「ドライブラシ」「ウォッシング」
そして仕上げ塗装を行いましょう。

この記事がオススメな方
  • ドライブラシに使用した道具を知りたい方
  • ウォッシングに使用した道具を知りたい方
  • 仕上げ塗装に使用した道具を知りたい方

仕様を解説した記事はこちらです

境界戦機のプラモデルについてまとめた記事はこちらです

ドライブラシ

筆に塗料をつけて、カッスカスになるまでキッチンペーパーで拭き取り調整。
その後、はたくように動かすことによって「塗装が剥がれて金属面が見える感じ」
……などの表現が可能なドライブラシを行います。

ドライブラシに使用した道具

  • ターナー アクリルガッシュ シルバー
  • 使い古しの筆

絵具はターナー色彩株式会社アクリルガッシュ。
「シルバー」を使用します。

アクリルガッシュは全色不透明であり、マットな質感。
塗膜の強さは「U-35 ACRYLICS」には及ばないものの、使いやすい絵具です。

筆は毛先がまとまらなくなり、塗装には適さなくなった筆を使用。
ボサボサ感が独特な風合いをもたらす……かもしれません。

ウォッシング

汚し洗い落とす。
以上の工程を行うことによる自然な汚れ具合。
新品ではなく、時が経ったような表現が可能な技法がウォッシング。

凹みモールドに影色を入れて、ディティールの強調を行う「スミイレ」との兼用も可能な技法です。

ウォッシングに使用した道具

  • ホルベイン 透明水彩 セピア
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

水彩絵具のなかでも透明水彩に分類される絵具を使用します。
メーカーはホルベイン画材株式会社。
色は暗めの茶色系の色である「セピア」を使用します。

ウォッシングに使用する時は水で薄めて使用。
濃度は溝の幅などで変わりますが、5~10倍ほどに薄めます。

筆は塗装にも使うぺんてる株式会社のナイロン毛の筆。
ネオセーブル 平筆14号を使い、ザックザックとスピーディーに進めます。

仕上げ塗装

塗膜の保護、作品の保護などを目的とした仕上げ塗装を行います。

仕上げ塗装に使用した道具

  • マットバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • グロスバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSに含まれる仕上げ材2種類を混ぜて使用。
マットバーニッシュをベースとして、ほんの少しのグロスバーニッシュを混ぜます。
見た目としてはほぼつや消しであり、あまり変わりません。

大きな理由としては湿度。
仕上げ塗装を行った日は雨。
冬であり湿度は低めですが、それでも雨であり不安材料はあります。

白化現象はマットであるほど起こりやすくグロスであるほど起こりにくい。
なので、ほんの少しのグロスバーニッシュを混ぜ合わせて仕上げ塗装。
無事に白化現象は起こらず、フィニッシュとなりました。

まとめ

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 メイレスジョウガン」も仕上げ塗装が終わり、残すは組み立てのみ。
念のためにも24時間ほど置いといて、組み立てへと進みましょう。

ユネプラ
ユネプラ

ウェザリングと仕上げ塗装 HG 1/72 メイレスジョウガン、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました