ウォッシングと仕上げ 86 ジャガーノート(遠距離砲撃仕様) エイティシックス

過程
ユネプラ
ユネプラ

ジャガーノート(遠距離砲撃仕様)の製作も終盤!
エフ水彩によるウォッシング。
U-35のバーニッシュを用いた仕上げを行います!

赤が朱とも言えるお気に入りな色味に仕上がり良い気分。
スミ入れを兼ねたウォッシングによるディティールの強調。
U-35のバーニッシュを用いて仕上げと行きましょう。

使用したモノ(スミ入れ&ウォッシング)

エフ水彩 ポリチューブ外観
  • エフ水彩 くろ
  • エフ水彩 こげちゃ
  • エフ水彩 ビリジアン
  • エフ水彩 あか
  • エフ水彩 あいいろ

ぺんてる株式会社が発売している水彩絵具であるエフ水彩から5色を使用してウォッシング。
乾燥前も乾燥後も水に溶ける水溶性。
仕上げの工程の難易度が上がるものの、気が向いた時に作業を再開。
ということが可能であり、臭いも少ないためウォッシングに好んで使用。
複数の色を使うことにより表情の豊かさを演出、そして単調にならないようにします(同じこと?)

使用したモノ(仕上げ)

梅雨時はグロスを追加すると白化現象からの回避が可能。比率が難しいけれどお試しあれ。
  • グロスバーニッシュ
  • マットバーニッシュ
  • ほぼセミグロス
  • センサーをグロス

と、質感を分けつつ仕上げ塗装。
梅雨時ということもあり湿度は高め。
つや消し湿度が高い白く曇る白化現象が起こることもあり、難しい季節。
グロスを混ぜることにより白化現象の防止はできるものの、質感が変わることは避けられない。
まぁ仕方がないことなので、グロスが似合う作品を仕上げて行こうと思う今日この頃。

使用した仕上げ材はターナー色彩株式会社「U-35」シリーズに含まれているモノ。
乾燥前は水溶性であり、乾燥後は耐水性。
臭いが少なく作業性が良いなど、好んで使用する仕上げ材。

仕上げを終えて

センサーのグロスなギラリがイイ

完成まであともう少し。
組み上げたい衝動を感じつつも、念のため。

うん、長ぁい

24時間ほど置いておきましょう

細かい色分け

既に触れる程度には乾燥していますが、念には念を入れる。
置いておいた後、組み上げるといたしましょう。

まとめ

過去一番、渋く仕上がる予感。

ジャガーノート(遠距離砲撃仕様)も、もう少し。
その長ぁい遠距離滑空砲が折れたりしないか、一抹いちまつの心配があるものの。
杞憂きゆうであることを祈りつつ……

ユネプラ
ユネプラ

ウォッシングと仕上げ 86 ジャガーノート(遠距離砲撃仕様)、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました