天窓式アルミホイル撮影ブース(プロトタイプ)

お役立ち
ユネプラ
ユネプラ

天窓式アルミホイル撮影ブース(プロトタイプ)が完成いたしました!

プロトタイプ、試作品、零号機などのいわゆる正規品の前段階のモノ。
うん。特に意味はございませんが、かっこいいですね(それだけ)

これまでも自作の撮影ブースを使用してきましたが、ひとつの不満点が。
それは、上からの光源に乏しいこと。
なんとか解決したいな……と思いこと数カ月。

きゅぴぃん

と、何かがキタので製作し、完成。
天窓式アルミホイル撮影ブース(プロトタイプ)のお披露目です!

天窓式アルミホイル撮影ブース(プロトタイプ)とは

天井に当たる部分に穴を開け、透明なプラバンでフタをすることによってを追加した撮影ブース。
ライトを天井に接着したり、工具で備え付けたりすることがなく、上にポンと置くだけでOKなのがメリット。

写らない場所にはアルミホイルを貼り付けることによって、光の反射率をアップ。
同じ光量でもアルミホイルを貼り付けることによって、より明るくなり、必要なライトの数は減ります。

ライトは100均で購入したランタンランプ(LED)を使用。
単三電池を3つ使用するタイプで、上部にLEDライトがひとつ。
下部にSMD(LEDの一種)が12個貼り付けられたタイプであり、光量が高く嬉しいところ。

背景には「PPシート(白)不透明」を使用。
不透明ではありますが、白ということもありそのままだと透けます。
なので、黒の画用紙を裏に貼り付けて使用し、光の透過を抑えています。

と、文字での解説ではございますが、ポッと思いついてワチャチャチャと製作。
途中の写真はないので、文字からイメージしていただけると幸いです。

まとめ

天窓式アルミホイル撮影ブース(プロトタイプ)が出来上がり、嬉しい気分。
どうにかならないかな~と思っていたことへの一つの方向性。
上手く行けば嬉しいところですな。

ユネプラ
ユネプラ

天窓式アルミホイル撮影ブース(プロトタイプ)、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました