HGUC-191 ガンダム 素組レビュー

ガンプラ(宇宙世紀)
ユネプラ
ユネプラ

HGUC-191 RX-78-2 ガンダムの素組レビューを行います!

プラモデルに付属している物のみを組み上げた状態のレビューです。
成形色の色分け、シールの場所、可動範囲、作例を参考とした部分塗装の場所、安全基準フラッグの場所を紹介いたします。

紹介するHGUC-191 RX-78-2 ガンダムは、2015年7月中旬に発売されたプラモデル。
機動戦士ガンダムに登場するモビルスーツ『ガンダム』がモデルとなっています。

付属物

HGUC-191 RX-78-2 ガンダムに付属している物の紹介を行います。

説明書

説明書

説明書が1冊。
ビジュアルに3ページ。
パーツリストに1ページ。
組み立ての手順に4ページの構成です。

ランナー

HGUC-191 RX-78-2 ガンダムに付属しているランナー

HGUC-191 RX-78-2 ガンダムに付属しているランナーは計5枚。
Aパーツはブルー、レッド、イエローの3色+クリアパーツ。
Bパーツはホワイト。
Cパーツはグレー。
ビームサーベルのランナー。
そしてポリキャップが付属。

余剰パーツはありません。

シール

ホイルシール

ホイルシールが1枚。

シールを貼る場所は頭部と腰の2カ所。
カメラアイのシールは選択式となっています。

選択したシール

選択したシール

カメラアイのシールは2,3番のシールを選択。

従来通りの1番を使用する場合はクリアパーツに貼る仕様になってます。

素組チェック

プラモデルに付属している物のみを組み上げた状態のチェックです。

成形色の色分け

前面、背面

本体の色分けの確認から。
付属の物のみで仕上げ、塗装は行っていません。

組み立てるだけならば私の場合ではありますが、1時間で終了。
パーツのカット、ヤスリの時間も加わるので実際にはもう少しかかりますが、スムーズに組み立てることができました。

シールを貼った場所

シールを貼った場所

付属のシールをすべて使用。
カメラアイのシールは2,3番のシールを選択。

クリアパーツの裏に銀色のシールを貼ってます。

ハンドパーツ

ハンドパーツ

ハンドパーツは右手に握り拳、平手、引き金を引く手の3種類が付属。
左手は握り拳、平手の2種類が付属します。

武装

武装

ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ、ビーム・サーベル×2、シールドが付属。

可動域

肩、肘、腰の可動域

肩の可動域は広く、自由なポージングが可能。
肘の関節には二重関節構造が採用されており、干渉するまで曲がります。
腰は干渉するまでなら、写真の角度まで。
隙間が目立つものの浮かせればさらに回転させることが可能です。

足の付け根、膝の可動域

足の付け根は約90度まで上げることが可能。
膝にも二重関節構造が採用されており、干渉するまで曲がります。

色が足りない場所(説明書の作例を参考)

説明書の作例と比較した場合の、色が足りない場所です。

色が足りない場所(説明書の作例を参考)

頭部はバルカンの色分け。
そして横の部分の色分けが足りません。

膝下の部分のグレーが足りません。

足首の丸モールドの奥のグレーが足りません。

安全基準フラッグの場所

安全基準フラッグの場所

安全基準フラッグは頭部のアンテナについています。
より劇中のイメージに近づけたい方はカットするなどの加工が必要です。

ただ、折れやすくなるので細心の注意を。

合わせ目

合わせ目の発生場所

頭部の横、ふくらはぎの裏側、ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカに合わせ目が出ます。

まとめ

決めポーズ

成形色の段階でほぼ色分け再現されており、完成度の高いプラモデルです。
ただ頭部、膝下、丸モールドなどの色分けを行うとより完成度アップ。

可動範囲も広く、ポージングが楽しいプラモデルです。
外れやすくなるというリスクがあるものの、腰のフロントアーマーの左右を切り離すとより表現力アップ。

頭部のアンテナに安全基準フラッグがあります。

合わせ目が気になる方はデザインとするか、消していきましょう。

ユネプラ
ユネプラ

以上でHGUC-191 RX-78-2 ガンダムの紹介を終わります。
最後までご覧いただきありがとうございます!

『ホビーサーチ』の購入ページはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました