【成形色レビュー】HG RX-78-2 ガンダム (オリンピック)

gundam_tokyo2020_o仕様レビュー

どうもこんばんは。
ユネプラへようこそ!

今回はHG RX-78-2 ガンダムの『東京2020オリンピックエンブレム』
を組み立てたので、その成形色レビューです!

RX-78-2 ガンダムとは

ガンダムのシリーズ初のアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する主人公機。
パイロットはアムロ・レイ。
敵であるジオンからは「連邦の白い悪魔」と恐れられる。

機動戦士ガンダムとは

株式会社サンライズの『株式会社日本サンライズ』時代の作品。
1979年4月7日から1980年1月26日まで放送され、全43話。
主人公はアムロ・レイであり、その搭乗機は『ガンダム』。
1980年代初頭から半ばにかけての、後に「リアルロボットもの」と称されることになる一連のロボットアニメの先駆けとなった。
「ガンダムシリーズ」と呼ばれる作品の初代であることから、『ファーストガンダム』とも呼ばれる。

内容物の確認

組む前に内容物の確認を行います。

取扱説明書

取扱説明書が1冊。
全8ページで、注意書きに1ページ。
組み立ての手順の説明に5ページ。
表紙などのイラストに2ページです。

Aパーツ

Aパーツの確認です。
Aパーツはブルー、ネイビー、グレー、クリアと豊富な色分けがされており、
メインカラーが集まっています。
目のパーツがクリアなので、なくさないよう注意しましょう…!(暗示)

Bパーツ

Bパーツは全て白で構成されており、
主に装甲色です。

Cパーツ

Cパーツはグレーで構成されており、
主に間接や内部フレームです。
またビームライフルやバズーカもあります。

BA-14パーツ、〈PC-002〉

台座とポリキャップ。
台座は白ですが、本体の白とは違い光沢感が強めになってます。

シール

そしてシール。
左が通常のものをオリンピック使用に色を調整したもの。
右が『東京2020オリンピックエンブレム』用のシールです。

それではさっそく組んでいきましょう!

成形色の見栄え

さっそく組みあがりました!
今回は『成形色』での組み立て。
塗装、そしてシールなども使っていません。
成形色でもここまで色分け再現されていて、見栄えが良いですね。

後ろ

そして後ろ。
色分けもしっかりしてて、またディテールも最初から入っているので、
情報量が高く、見ごたえがあります。

武器

武器はシールド、バズーカ、ビームライフルが付属しています。
写真に撮り忘れましたが、ビームサーベルも付属。
しかしサーベル部分は付属しておらず、持ちてのみ。
戦闘用では無いからでしょうか…?

終わりに

決めポーズ

いかがでしょうか。
以上でHG RX-78-2 ガンダムの『東京2020オリンピックエンブレム』の、
成形色レビューを終わりにします!

東京2020大会カラーを使用した特別なカラーリングのガンダム。
オリジナルとは違い、落ち着いた印象でこれはこれでカッコいいと思いました!

それでは今回はここまでで!
御覧いただきありがとうございました!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました