U-35 ジェッソで下地塗装 Figure-rise Standard レーナ

過程
ユネプラ
ユネプラ

Figure-rise Standard レーナの下地塗装を行います!

加工も終えて、いよいよ塗装の段階へと入るFigure-rise Standard レーナ。
第2クールの設定を参考にしつつ、でも厳密さは求めず……

雰囲気的に第2クール

というゴールを目指します!

下地塗装

ジェッソ
ジェッソは100均で購入したドレッシングボトルに詰め替えて使用しています。少量での使用が行いやすく、利便性がアップです。

絵具の食いつき、または下地のリセットや隠蔽いんぺいを目的とする下地塗装。
特にプラスチックはツルツルした面であることから、剝がれやすい。
すべての面にくまなく表面処理……ヤスリ掛けを行うという手法もありますが、大変です。
ということでササっと下地塗装を行い、絵具の食いつきを良くします。

下地塗装に使用したモノ

  • ジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれるジェッソを使用。
乾燥前は水溶性であり、乾燥後は耐水性へと変化する性質を持ちます。
質感はサラサラとしており、ヤスリの番手に例えると600~1000番くらいの粗さ。
臭いも少なく、作業性の良い下地材です。

ジェッソを塗ったあと

肌や髪などのパーツにはジェッソを塗装。
服などのパーツにはブラックジェッソを塗装しています。
ジェッソを塗ったパーツはまだまだ成型色が見えていますが、ゴールの色も同じ雰囲気の色なので、食いつきが良くなるラインで切り上げます。

下地塗装を終えて

Figure-rise Standard レーナの下地塗装が終わりました!
塗装に入ってからはノリもよく、テンションが上がります。
塗装のほうが好みのようですな。

まとめ

第2クールのデザインを目指して製作を始めたFigure-rise Standard レーナ。
いよいよ下地塗装を終えて、次は塗装です。
放送開始を楽しみにしつつ、製作を進めて行きましょう!

ユネプラ
ユネプラ

U-35 ジェッソで下地塗装 Figure-rise Standard レーナ、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました