ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴン ウェザリングと仕上げ塗装

過程
ユネプラ
ユネプラ

ウェザリングと仕上げ塗装を行います!

塗装も終わり、ラストスパートな「ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴン」
ウェザリングに分類されるウォッシング。
そして仕上げ塗装を行いましょう。

この記事がオススメな方
  • ウォッシングで使用した道具を知りたい方
  • 仕上げ塗装で使用した道具を知りたい方

ウォッシング

  • 汚して
  • 洗い落とす

以上の工程によるウェザリング技法を、ウォッシングと呼びます。

使用感の付与、色味の調整などのフィルタリング。
そして凹みに影色を入れることによる「スミイレ」の兼用も可能な技法です。

ウォッシングで使用した道具

ウォッシングに使う絵具はホルベイン画材株式会社の「透明水彩のセピア」
水彩絵具に分類される絵具ですが、「透明」の名がつくとおり、透明感が特徴です。
水で3倍程度に薄めて使います。

「汚す」工程で使う筆はネオセーブルの平筆14号。
ぺんてる株式会社のナイロン毛の筆であり、大きめな筆。
大きさを活かし、サクサクと汚します。

「洗い落とす」工程で使う筆はスマッジブラシ。
100均のセリアで購入した化粧筆であり、本来の用途はボカシ。
しかし、細かく繊細な毛質でありつつも、水を含むと「細かい束」になるのが特徴。
水分量や汚れの量を「キッチンペーパー」で拭き取り、調整しつつ……
重力を意識して進めます。

仕上げ塗装

いよいよやってきました。
ここまで来ると、あともう少し……

塗膜の保護や作品の保護。
そして質感の方向性を決める工程です。

仕上げ塗装で使用した道具

ターナー色彩株式会社の仕上げ材2種類を使います。
アクリル絵具のシリーズ「U-35 ACRYLICS」に含まれる仕上げ材。
多少の筆ムラは乾燥までに平滑に……
絶対ではないですが、筆でもキレイに仕上げやすく、助かるところです。

まずは全体的にマットバーニッシュをベースとしたつや消しで塗装。
ウォッシングの塗膜の保護を行います。

仕上げ塗装に使う筆はぺんてる株式会社のナイロン毛の筆。
ネオセーブル 平筆14号を使います。

甲冑部分とエクスカリバーの刀身はグロス仕上げで

銀色の甲冑部分とエクスカリバーの刀身はグロスバーニッシュで仕上げます。
マットな中にギラリと輝くアクセント。
質感のコントラストを狙い、見栄えが良くなったらイイナと祈りつつ塗装します。

まとめ

ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴンの仕上げが終わりました。
あとは、組み立てです。

早く組み上げたいところですが、ここはグッと我慢。
24時間ほど置いておいてから、組み立てへと行きましょう。

ユネプラ
ユネプラ

ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴン ウェザリングと仕上げ塗装、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました