下地塗装 HG 1/48 レギンレイヴ(クレナ/アンジュ搭乗機)

HG 1/48 レギンレイヴ(クレナ/アンジュ搭乗機)過程
ユネプラ
ユネプラ

下地塗装を行います。

「86 -エイティシックス-」に登場するレギンレイヴのプラモデル。
「HG 1/48 レギンレイヴ(クレナ/アンジュ搭乗機)」下地塗装を行います。

この記事がオススメな方
  • 使用した道具を知りたい方

下地塗装

絵具・塗料の食いつきを高めるためには「やっておいた方が安心」な下地塗装。
とはいっても必須な工程というわけではなく、ケースバイケース。
以下のような場合は「やっておいた方が安心」です。

  • 成型色を隠蔽(いんぺい)したい場合
  • 異なる下地色から同一の完成色を目指したい場合
  • 絵具・塗料の食いつきを高めたい場合
  • 加工でついた傷のチェック
  • 細かい傷を埋めたい場合

下地塗装に使用した道具

  • ジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • U-35 ACRYLICS各色
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

「ジェッソ」と呼ばれる美術方面で使われる下地材。
ターナー色彩株式会社下地材2種類を混ぜ、グレーに調色した下地材をベースとします。

乾燥前は水に溶ける水溶性であり、乾燥後は耐水性へと変化する下地材。
質感はサラサラした「600~1000番」くらいです。

さらに同社のアクリル絵具「U-35 ACRYLICS」を混ぜて、着色。
フレームなどは「下地色=完成色」とし、ゴールまでの工程の削減を狙います。

筆はぺんてる株式会社ナイロン毛の筆を使用。
幅が広めな「ぺんてる ネオセーブル 平筆14号」を使い、サクサクと進めます。

まとめ

これにて下地塗装が終わりました。
ホワイト、レッド、フィギュアの色はまだまだですが、フレームなどはこれにて「ほぼ終わり」
引き続き、塗装を進めて行きましょう。

ユネプラ
ユネプラ

下地塗装 HG 1/48 レギンレイヴ(クレナ/アンジュ搭乗機)、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました