筆による塗装の終わり HGBD:R 023 ユーラヴェンガンダム ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

筆による全塗装を少しずつ進めてきたHGBD:R 023 ユーラヴェンガンダム。

全体的に筆による塗装を進めてきたHGBD:R 023 ユーラヴェンガンダム。
参考があるわけでもなし。
イメージはあってもふわっとした状態。
それでも終わり、次への区切りを判断する考え方。

と、ちょっと固い感じではありますが……
あくまでも一個人であり素人の考え方。
こういう考え方もあるんだな。
と、ふわっと受け取っていただけると幸い。

関連記事はこちらから

ガンダムビルドダイバーズリライズの外伝はこちら

塗装後の工程を考える

塗装後の工程は、次は何をやろう?

HGBD:R 023 ユーラヴェンガンダムの場合はウォッシングを行う予定。
エフ水彩を用いたウォッシングをガンプラで行うのは初。
というわりには複雑なモノを選んだなぁ……と思ってももう遅い。

ウォッシングを行った結果、全塗装後よりも暗い印象へとなるだろう。

ならば、ちょいと明るめな状態を目指そう。
と、決まりました。

区切りの確認は写真で

ひとまず配色を終えたところ。まだまだ暗い。

ずっと塗装を行っているとなんだかわからなくなり……
イイ感じになっているのか、それとも……?

まぁわからなくなります。

そのときに活躍するのが写真。
付け加えると、確認作業を行うときは組み上げた状態で確認を。
全体の色味のバランスがより分かりやすく、判断をしやすくなります。
ここで感じたことを反映して、また進めればヨシ。

終わり、区切りとは

あくまでも私の考えであり、いろいろな考えがあるかと思います。
それを踏まえて、まぁ一つの考えと受け止めてくださいな。

イイ感じなのでは……?とテンションが高まってきたころ。

塗装を進めて行くと、変化が少なくなる状態。
というモノがあります。

0%から70%まではサクサク進んでも……
70%から先は進みにくい。
というような感覚。

もちろん100%を目指すという考え方もありますが、70%で留めて次へと向かう。
分かりやすさ優先で数字を用いましたが、絵など感覚的なモノ見る人によって評価が変わる。
個人的には完璧と思っても他者から見ても完璧。

とは限らない。

なんやかんやと考えている時期もありましたが、そういう考えにたどり着き……
変化が少なくなったタイミングを区切りとしよう。

と、私は決めています。

これにて塗装の終わり

前面

HGBD:R 023 ユーラヴェンガンダムの全塗装が終わりました。
筆をスタンプのように用いて塗装。
色はスクランブルガンダムを参考に決めましたが、配色は形状を見つつ決めて塗装。

ふわっとしたイメージだったので不安もありましたが、ここまで進めて一安心。
雑なヤスリも不安材料でしたが、分からなくなりましたネ!

背面

なんやかんやで良い感じに仕上がりグッジョブ自分。

次へとGO。

まとめ

ノープラン。と言って良い感じでしたがここまでたどり着きへっへっへ。嬉しくてこの先に進むのがちょっと怖いのはここだけの話。

筆によるHGBD:R 023 ユーラヴェンガンダムの塗装が終わりました。
絵具はターナー色彩株式会社アクリル絵具である「U-35」
スタンプのように筆を用いて塗装。
イイ感じに仕上がったのではないでしょうか!(自画自賛)

ユネプラ
ユネプラ

筆による塗装の終わり HGBD:R 023 ユーラヴェンガンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました