【成形色レビュー】HG グレイズ(一般機/指揮官機) ガンプラ

仕様レビュー

どうもこんばんは。
ユネプラへようこそ!

今回は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するギャラルホルンのモビルスーツ。
『HG グレイズ(一般機/指揮官機)』の成形色レビューを行います。

グレイズとは

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するギャラルホルンのモビルスーツ。
地球圏、そして圏外圏に配備している現行の主力量産モビルスーツ。
物語開始時点での、最新鋭モビルスーツ。
武器、装甲の換装によりさまざまな環境に適応が可能。
指揮官機は頭部にアンテナが追加されている。

HG グレイズ(一般機/指揮官機)とは

2015年10月10日に発売された1/144スケールのプラモデル。
価格は1,100円(税込)
直近では2020年4月に再生産が行われた。
頭部の差し替えで一般機、指揮官機の2形態を表現が可能。
また、スラスターの付け替えで地上用、そして宇宙用に変更が可能。

内容物の確認

説明書

説明書が1冊。

A、B、Cランナー

AからCのランナー。
こちらは装甲部分などのパーツが集まっています。

D1、D2ランナー

こちらは装甲内部、そして武器です。

ポリキャップ、ホイルシール

ポリキャップとホイルシール。
シールは目やセンサーなどの色分けに用います。

…それではどんどん作っていきましょう。

撮影タイム

パーツを切り離し、ゲート処理を行い…
組み終わりました!
内部フレームを感じさせつつ、その上に装甲というのが良いですね。
メカニカルな感じをひしひしと感じ、武骨なかっこよさが光ります。

後ろ

量産機ということもあり、シンプル。
ですがそれが良い。

スラスター

スラスターは付け替えることで地上用、宇宙用を表現可能。
また両方つけることも…
できました。
設定にはない形態ですが、高機動な機体…
という気配を感じます。
が、一方で扱いも難しくなり、立たせるのが難しくなります(そこ)

アンテナ

アンテナの有無で一般機、指揮官機の切り替えが可能。
頭部を交換することで切り替えが可能です。

球状の内部パーツ

頭部のパーツをずらすことで球場の内部パーツを露出させることも可能。
劇中でのシーンを臨場感たっぷりに再現可能です。

終わりに

決めポーズ 全装備

いかがでしょうか。
以上で『HG グレイズ(一般機/指揮官機)』の成形色レビューを終わります。

約5年前のプラモデルですが、成形色でほぼ色分けされていて、
そのままでも見ごたえがありました。

それでは今回はここまでで。
御覧いただきありがとうございました!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

↓1/100スケールのプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました