切り出し・ゲート処理・組み立て | 日記 2022年8月19日

日記
ユネプラ
ユネプラ

ふふふ

機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUEのガンプラ「HG 1/144 ベギルベウ」。切り出し・ゲート処理・組み立てを終えての小休止。

ランナー状態で塗装やデカールを貼ったので、もうすでにカッコいい……。

しかしランナー状態で塗装しているので、完成像にダイレクトに結びつけるのは難しい。組み立ててみてチョイチョイ塗り忘れや、ここ塗ったほうがいいなぁというところもアリ。

適宜加筆していきましょ。

では塗装をするまえに仮組みをしたほうが良いのか……?それは人によって答えが違うと思いますが、私としてはランナー状態で進められるだけ進めた方がいいのでは?と思いますネ。

ランナー状態で進める場合は、以下のメリットがあります。

  • パーツを塗装棒につける必要がない
  • 分解する手間がない
  • パーツが保持された状態で塗ることが可能

一方でデメリットとしては……

  • パーツから完成像を読み解く必要がある
  • 合わせ目がわかりにくい
  • ゲートのある部分に塗装した場合は、塗りなおす必要がある

もちろんパーフェクトな、完璧な工程など存在しませんが……時短に限った話であれば、「ランナー塗装」は良い選択肢のように思います。

「HG 1/144 ガンダムルブリス」では約7日ほどで完成。(全塗装では約14日ほどかかっています)

この後はチョイと部分塗装。そしてウェザリングをしていく予定。まだまだペタペタと進めて行きましょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

YouTube版はこちら

ユネプラ
ユネプラ

切り出し・ゲート処理・組み立て | 日記 2022年8月19日は、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
日記
ユネプラをフォローする

コメント