ウォッシングとドライブラシを経ての仕上げ塗装! ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウス FGO

過程
ユネプラ
ユネプラ

ウェザリングと仕上げを行います!

ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウスも大詰め。
ウェザリングに分類されるウォッシングドライブラシを行ってからの……
「U-35」バーニッシュによる仕上げを行います!

ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウスの仕様を解説した記事はこちら

製作中のプラモデルはこちら

ネロが登場する「Fate/EXTRA」の漫画はコチラ

ウォッシング

ウォッシングを行ったパーツ。厳かなアンティークな博物館の管楽器のような重厚感が溢れる仕上がりへ。

汚して、洗い落とすことによる使用感の付与。
そしてフィルタリングの側面もあるウェザリング工程のひとつであるウォッシング。
スミ入れも兼ねることが可能であり、筆者が好んで選ぶ工程のひとつですな。

ウォッシングに使用したモノ

  • 水彩絵具

乾燥前も乾燥後も水に溶ける水彩絵具を使用。
水彩絵具には不透明なモノから透明水彩と呼ばれるモノまで多種多様。
形態もチューブに限らず固形のモノもあり……

と、脱線いたしましたが。

ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウスでは……

  • ホルベイン 透明水彩 セピア

を使用。
行動範囲内でたまたま目にした透明水彩のセピア。
これを使い、使用感の付与、輪郭の強調を行います。

ドライブラシ

100均のセリアで購入したスマッジブラシ ドライブラシに限らず幅広い用途に使用している歴戦の猛者だ。

乾いた筆にごく少量のシルバーなどをつけ、さらに拭き取り……
はたくように筆を動かすことによりエッジの強調エッジの擦れなどを表現できるドライブラシ。
ウォッシングと同じくこちらも、ウェザリングに含まれる技法
ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウスの武装にドライブラシを行い、情報量の増加を狙います。

ドライブラシに使用したモノ

  • イリデッセント シルバー

ターナー色彩株式会社アクリル絵具「U-35」からイリデッセント シルバーを使用。
ごく少量の絵具を筆につけ、キッチンペーパーなどで拭き取る。
つくかどうか微妙なラインまで調整します。
その後、武装のエッジにはたくようにドライブラシ。
進めるべきか、止めるべきか迷ったら写真の出番。

写真は脳内補正ナッシング

ありのままの絵を提示してくれますな。

仕上げ

バーニッシュ
マットバーニッシュ、グロスバーニッシュの外観。キャップ式になっており、作業性は良好だ。

塗膜の保護、そしてツヤ感を決める仕上げ工程。
つや消しで仕上げるもグロスで仕上げるも自由。
基本をつや消しで仕上げ、武装などをグロスにしたりと素材を意識するのもアリ。
お好みのツヤ感で決めましょう。

仕上げに使用したモノ

  • グロスバーニッシュ
  • マットバーニッシュ

ターナー色彩株式会社「U-35」シリーズからバーニッシュ2種を使用。
武装などの金属感があるモノ、目、爪などのワンポイントにグロスバーニッシュ。
その他はマットバーニッシュにて仕上げています。

仕上げを終えて

ふふふ
特に武装の質感はものすごくお気に入り。どストライク。

仕上げを終えて、あとは乾燥させて、組み上げるのみ。
気が急いて組み上げたい衝動があるものの、ここはグッとこらえて。
24時間ほど置いておいて、そして組み上げましょう。

まとめ

組み上げたい!が、その衝動はぐっと我慢。

ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウスも完成まで秒読み。や、日読み……
この最後の組み立てが一番緊張しますが……
トラブルがなく、組み上げたいところ。

ユネプラ
ユネプラ

ウォッシングとドライブラシを経ての仕上げ塗装! ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウス、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました