[ポケプラ]ポケプラクイック!! 01 ピカチュウ 仕様をレビュー

仕様レビュー
ユネプラ
ユネプラ

ポケモンのプラモデルが2020年12月上旬から新ブランドにて発売。
ポケモンプラモコレクション クイック!! 01 ピカチュウの仕様をレビューいたします!

ガンプラなども手掛ける株式会社バンダイスピリッツよりポケモンのプラモデルが発売。
当記事ではその第一弾。『ピカチュウ』のレビューを行います。
ゲートはニッパーなどの道具がなくても切り離しが可能な『タッチゲート』
塗装を行わなくてもシールを活用することにより、かわいらしく仕上がる仕様となっています。

非常にシンプルな構造であり、初めてのプラモデルにもオススメです。

パッケージ、付属品、組み立て(シールなし)、合わせ目、組み立て(シールあり)、しっぽの可動域
以上の6段階でレビュー。

パッケージ

ぴっぴかちゅう

イエローメインの配色で、かわいらしいピカチュウがお出迎え。
ふと売り場で見かけ、予定にはなかったものの購入。
ガンプラを取り扱っていないおもちゃ売り場のポケモンコーナーにあったピカチュウ。
これも縁というものでしょうか。

思わぬ収穫

付属品

ゲートはすべて『タッチゲート』。シールを貼る場所は4ヵ所。

パーツ(ランナー)が2枚。
シールが一枚。

組み立ての手順は箱の裏面に記載。

組み立ての手順、注意事項は箱の裏面に記載。

ガンプラに慣れていた私は説明書があるものと思っており、ちょっとした驚き。
シンプルな工程だからこそ可能である手法ではありますが、無駄なものをなくす。
という姿勢は良いですな。

組み立て(シールなし)

組み立てただけでもこの色分け!

シンプルなパーツ構成ということもあり、30分ほどで組み立てが終わりました。
HGと比べたらもちろん簡単。
同価格帯のSDガンダムEXスタンダードと比べても簡単であり、シンプルなパーツ構成です。

シールを使っていないこともあり、目が怖いですが……
組み立てただけでも、これくらいの色が再現される。
という目安としてくださいな。

シールを貼る場所。

シールの場所は目の白目部分。
口の色分け。
しっぽの茶色の不足部分です。

とはいえしっぽは成型色の段階で色分けはされていますが、ここはプラモデルの特性上と言いましょうか。
挟み込む構造のため上から見ると黄色が見えて不格好な部分にシールを貼り、カバーする。
という感じですな。

合わせ目

分かりやすくするために少しだけ隙間をあけています。

プラモデルという特性上、仕方がないことではありますが……
側面にバッサリと合わせ目が発生します。

消したい!場合には……
接着し、ヤスリをかけるなどの工程が必要です。

組み立て(シールあり)

目にハイライトが入ると生き生きとしますね。

シールを貼り、さらに可愛らしく色分けが再現されました。
目にハイライトが入ると、生き生きとしますね。
ただ組んだだけではありますが、新しいプラモデルということもあり質感は柔らかい。
組み立てただけでも良い見た目となるのは『さすが』の一言。

しっぽの可動域

大体写真の角度までしっぽを倒すことが可能。

ポケモンプラモコレクション クイック!! 01 ピカチュウはしっぽが可動。
お好みの角度に調節が可能です。

倒した状態であれば360度回転させることが可能。

ほぼ直立状態から、後ろに向けて約45度ほど倒すことが可能。
直立状態では耳が干渉し360度回転させることは不可能なものの、後ろに向けて倒した場合は360度回転させることが可能。

※回転を始め、可動させるときは優しく丁寧に。パーツに負荷がかかるので折れる可能性があります。

まとめ

ぴかぁ

以上でポケモンプラモコレクション クイック!! 01 ピカチュウの仕様のレビューを終わります。
ただ組み立てただけでもこのクオリティ。
あなたの部屋のいろどりに、そして初めてのプラモデルに。
プラモデルの息抜きのプラモデルにオススメできるプラモデルです。

ユネプラ
ユネプラ

[ポケプラ]ポケプラクイック!! 01 ピカチュウ 仕様をレビュー、はここまで!
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

『ホビーサーチ』の購入ページはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました