PR

完成 | HG 1/144 ベギルベウ | 製作に使用した道具をまるっと紹介!

完成品

つや消し(下地)

プラスチックそのままだと絵具の食いつきが悪いので、下地をつくります。ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSの、

  • マットバーニッシュ
    • グロスバーニッシュ
    • グレージングメディウム

マットバーニッシュを基本として、湿度による白化現象対策に”少量”のグロスバーニッシュを添加。

マットな質感に仕上がる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いの少なさが魅力の仕上げ材です。
¥815 (2024/07/16 14:15時点 | 楽天市場調べ)
乾燥後はグロスの質感になる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いは少ないです。
¥1,100 (2024/07/16 23:50時点 | 楽天市場調べ)

そしてコンプレッサーの圧力が弱いから……という説もありますが、このままだと細かい粒粒になりがち。なのでグレージングメディウムを添加します。

  • 流動性の上昇
  • 乾燥時間の遅延

……などの効果が良い方向に働いているのかな……?と思いますが、謎です。

部分塗装

部分塗装をおこない、色を追加します。設定を参考に……というよりはパネルラインを見つつ色分けを追加するスタイルです。

部分塗装で使用した道具

U-35 ACRYLICS
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS アンブリーチド チタニウム
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS ニュートラル グレー
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS ディオキサジン パープル
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS ライト グリーン
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS グラファイト グレー
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS イリデッセント シルバー
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS イリデッセント ブロンズ

アンブリーチド チタニウムとニュートラル グレーを混色し、ライトグレーをつくります。チタニウムホワイトでも良いですが、アンブリーチド チタニウムだと柔らかみのある色になり、マイブームです。


ライトグリーン、ディオキサジンパープルはイリデッセントシルバーと混色し、メタリックを付与します。パネルライン……というよりは楕円系のデザインのところに使います。


ノンキネクティックポッドの銃身や、ワンポイントの……目立っては欲しくないけれど味わいが欲しい場所にグラファイトグレーをぺたり。

顔料に黒鉛が使われており、鈍い光沢が特徴的な絵の具。
¥267 (2024/07/16 11:40時点 | 楽天市場調べ)

ワンポイントにイリデッセントブロンズを足して、アクセントを入れます。

デカール

極薄のシールである水転写デカールを貼り付けて、情報量アップを狙います。

デカールで使用した道具

  • ハイキューパーツ コーションデカール グレー&オレンジ
  • ホビージャパンモデラーズ コーションデカール ブラック
  • GSIクレオス マークソフター

アクセントには株式会社ハイキューパーツのコーションデカールを選択。色は「グレー&オレンジ」。控えめながらもアクセント。

ゲーム&ホビー ケンビル Kenbill
¥770 (2024/07/11 11:47時点 | 楽天市場調べ)

ホワイト部分などにはホビージャパンモデラーズのコーションB。凹みモールドなどを見ながら、アクセントを入れて行きます。

曲面に貼り付ける場合は株式会社GSIクレオスのデカール軟化剤「マークソフター」を使用。貼り付けたデカールの上に「チョン」と塗り、デザインナイフでほんの少しデカールに穴を開けます。

マークソフターはアルコール系の臭いがします。換気は万全にするとともに、苦手な方はお気を付けください。

¥157 (2022/08/14 21:53時点 | Amazon調べ)

つや消し(下地)

部分塗装、デカールの保護のために再びつや消しを塗装します。


  • マットバーニッシュ
    • グロスバーニッシュ
    • グレージングメディウム

マットバーニッシュを基本として、湿度による白化現象対策に”少量”のグロスバーニッシュを添加。

マットな質感に仕上がる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いの少なさが魅力の仕上げ材です。
¥815 (2024/07/16 14:15時点 | 楽天市場調べ)
乾燥後はグロスの質感になる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いは少ないです。
¥1,100 (2024/07/16 23:50時点 | 楽天市場調べ)

そしてコンプレッサーの圧力が弱いから……という説もありますが、このままだと細かい粒粒になりがち。なのでグレージングメディウムを添加します。

  • 流動性の上昇
  • 乾燥時間の遅延

……などの効果が良い方向に働いているのかな……?と思いますが、謎です。

切り出し・ゲート処理・組み立て

ランナー状態とはオサラバ。大まかに組み立てて行きましょう。

……大まかに「頭・胴体・腕」などの単位で良いのですが組み立ててみたくなるのはしょうがない。組み立てたいならば組み立てましょう……。

切り出し・ゲート処理・組み立てで使用した道具

  • 先細薄刃ニッパー

両刃の切れ味の良いニッパーで切り出します。二度切りは行わず、一度で切り出します。

二度切りをしたほうがパーツにかかる負荷が少なく、断面がキレイに仕上がりやすいです。しかし、細かいゴミが発生することになることから……一度で切り出しています。

【 細かなパーツの切り出しに威力を発揮 】 プラモデル製作に欠かせない工具、ニッパー。先細薄刃ニッパーは、薄刃ニッパー(ITEM74035)よりさらに先細形状に仕上げた繊細な刃先が特徴です。部品とランナーの間が狭く、細かなパーツの切り出しに威力を発揮。軽い力でカットでき、部品を傷めないので組み立て中のストレスも減らします。ブラックカラーのグリップ部分は、滑りにくく手によくなじむ特殊ゾルコーティング仕上げ。
¥3,135 (2024/07/17 15:30時点 | 楽天市場調べ)

切り出しを終えたら、組み立てます。心の赴くままに全体を組み合わせましたが、「腕部・胴体」といった大まかな単位までで大丈夫です。

大まかな単位までで……?

ウォッシング

ウェザリングに含まれる技法に「ウォッシング」があります。

ウォッシングは"washing(洗浄)"という意味で、模型などでも「一度汚してから・洗う」工程をワンセットとした技法です。

使用感の演出。完成してから時が経ったような演出とともに……

  • 凹みモールドに影色を入れる「スミイレ」
  • 色の統一感を演出する「フィルタリング」

……などを兼ねることも可能な技法です。

ウォッシングで使用した道具

  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS ロー アンバー
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS アンブリーチド チタニウム
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS ディオキサジン パープル

水で薄めたローアンバーでウォッシングをおこないます。全体的に塗り、拭き取り……フィルタリングとスミ入れを行います。

全体的に水で薄めたアンブリーチドチタニウムを塗り、拭き取ります。色あせたような表現となり、退色表現が可能です。

残ったアンブリーチド チタニウムとディオキサジン パープルを混色。パープルの味わいを付与します。

ドライブラシ

ドライブラシは筆につけた塗料をティッシュなどでしっかり拭き取り、乾かしてから(ドライにして)からキットにこすりつけるようにして塗る技法です。

使う色によって得られる効果は変わりますが、シルバーを使った場合は「塗装が剥がれた感じ」の表現が可能です。

ドライブラシで使用した道具

  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS イリデッセント シルバー
  • スマッジブラシ

ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSから「イリデッセントシルバー」を選択。筆に含ませたらキッチンペーパーなどでカッスカスになるまで拭き取り……。はたくように動かし、パーツのエッジや角に擦りつけて行きましょう。

スマッジブラシ

ドライブラシに使用した筆は100均のセリアで購入したスマッジブラシ。化粧筆のひとつであり、本来の用途はボカシ……ですが細かく繊細なタッチが気に入り、ドライブラシに使用しています。

トップコート

塗膜・作品の保護のためにトップコートを塗装します。やっていることは下地として塗装した”つや消し”と同じです。

「HG 1/144 ベギルベウ」ではつや消しを選択しましたが、光沢でもつや消しでも半光沢でも。お好みで質感を決めましょう。


  • マットバーニッシュ
    • グロスバーニッシュ
    • グレージングメディウム

マットバーニッシュを基本として、湿度による白化現象対策に”少量”のグロスバーニッシュを添加。

マットな質感に仕上がる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いの少なさが魅力の仕上げ材です。
¥815 (2024/07/16 14:15時点 | 楽天市場調べ)
乾燥後はグロスの質感になる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いは少ないです。
¥1,100 (2024/07/16 23:50時点 | 楽天市場調べ)

そしてコンプレッサーの圧力が弱いから……という説もありますが、このままだと細かい粒粒になりがち。なのでグレージングメディウムを添加します。

  • 流動性の上昇
  • 乾燥時間の遅延

……などの効果が良い方向に働いているのかな……?と思いますが、謎です。

ホイルシールの貼り付け

ホイルシールを貼ります。すべては貼らず、クリアパーツの中に貼るホイルシールを貼り付けます。

塗装では難しいギラリとした光沢感の演出が可能です。

アルミテープの貼り付け

頭部のクリアパーツのシールは外側に貼る仕様。クリアパーツはクリアパーツとして残したい……そう思ったので、内側に台所用のアルミテープを貼り付けます。

そのままよりも光が反射してギラリとした光沢感を得られます。

スポンサーリンク
ユネプラ

2級色彩コーディネーターのユネプラです。

主に筆塗りに関する知識や、製作の過程・ツールのレビュー、プラモデルのレビューなどを発信しています。

臭いの少ないツールで製作しているので、配慮が必要な環境で製作している方の参考になれば幸いです。

ユネプラをフォローする
完成品
ユネプラをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました