【簡単フィニッシュ】最小限の塗膜で魅せる | 30MM スピナティオ(忍者仕様)

完成品
ユネプラ
ユネプラ

簡単に、魅力的に。

「30MM スピナティオ(忍者仕様)」「簡単フィニッシュ」で製作いたしました。

当記事では使用した道具、使用感を交えた注意点の紹介を行います。

時間をあまり掛けずに、臭い少な目に製作したい……。

  • ちょっとだけ手を加えたい!
  • スプレー塗装は難しい!
  • 塗膜は控えめにしたい!

などのお悩みを持つ方の一助になれば幸いです!

部分塗装

ディテールで区切られた場所を塗り分けて、情報量アップを狙います。

ミスターホビーマーカー メタリックセット

部分塗装に使用したのはGSIクレオス株式会社の「ミスターホビーマーカー メタリックセット」

  1. ゴールド
  2. シルバー
  3. カッパー
  4. ガンメタリック
  5. 焼鉄色
  6. ぼかしペン

以上の6本のマーカーがワンセットになった商品です。

特徴としては、

  • 水性のマーカー
    • 臭いが少ない!(筆者には感じ取れませんでした)
  • 下地を侵さず塗装が出来る
  • 拭き取りやすい

以上の特徴があります。

オススメな塗り場所

丸モールドなどのアクセントにオススメです。

プラスチックにそのまま塗った場合、剥がれやすいので「はみ出た」場合は綿棒などで拭き取りやすいのも良いですね。

適していない塗り場所

一方、指で触れやすい場所。

出っ張ったところなどへの塗装は適していません。

プラスチックにそのまま塗った場合、組み立てのときに指についてしまうことも……。

出っ張ったところへの塗装には、アクリル絵の具やガンダムマーカーなど、乾燥後に強度が得られる塗料を選びましょう(‘ω’)ノ

スミ入れ

凹みに影色を入れて、立体感を強調します。

コピックモデラー

スミ入れには複数のツールを使用しました。

まずは、「株式会社トゥーマーカープロダクツ」のコピックモデラー。

軸先が0.02mmという細さで、ブラックとウォームグレーの2色がラインアップ。

ホワイトのパーツにはウォームグレーでスミ入れ。

そのほかのパーツにはブラックでスミ入れを行いました。

  • 狙った場所に狙っただけ塗りたい
  • 彫りが甘くてもスミ入れをしたい

……などの用途にオススメです。

リアルタッチマーカー

グレーのパーツにはGSIクレオス株式会社のリアルタッチマーカーを使いました。

流れとしては、

  1. 全体的にバーっと塗る
  2. 綿棒で拭き取る

以上のシンプルな工程です。

コピックモデラーのように「狙った場所に狙った分だけ」塗るのは難しいですが、ハンドパーツなどの「ディテールが密集している場所」に使いました。

注意点としては流動性がたかく、「滲みやすい」こと。

ゲート跡やヤスリ掛けをした場所に塗った場合、プラスチックに浸透してしまい、取れなくなるので注意しつつ使いましょう。

ミスターホビーマーカー

ふたたびの「ミスターホビーマーカー メタリックセット」

ブラックのパーツのスミ入れに「焼鉄色」を使いました。

使い方は、

  1. ミスターホビーマーカーを塗る
  2. 綿棒などで拭き取る

リアルタッチマーカーに近い使用感でスミ入れをすることが可能です。

正しいかは置いといて……お気に入りです!

ドライブラシ

筆に塗料を含ませて、カッスカスになるまで落とし、擦りつける手法。

凸が強調されて、立体感が強調されます。

アクリルガッシュ ニュートラルグレー5

ホワイトのパーツにはターナー色彩株式会社のアクリルガッシュより、「ニュートラルグレー5」を使いました。

ホワイトとブラックの中間にあたる色で、目立ちすぎず、かつ輪郭を強調します。

アクリルガッシュ シルバー

そのほかのパーツにはターナー色彩株式会社のアクリルガッシュより、「シルバー」を使いました。

ギラリとした輝きがアクセントになります。

簡単フィニッシュで出来あがり

本当は「つや消しトップコート」を吹いてフィニッシュと行きたい気持ちもありますが、将来的にミキシングを楽しみたいので、ここでフィニッシュ。

  • 部分塗装
  • スミ入れ
  • ドライブラシ

計3つの工程を終えて、「30MM スピナティオ(忍者仕様)」の完成です。

なんとなくやってみた「部分塗装・スミ入れ・ドライブラシ」。

色落ちの可能性こそありますが、それでも、カッコいい!

スプレー塗装をするにはハードルが高くても、スプレー塗装をしなくても、楽しみようがあると思っていただければ幸いです(*´Д`)

終わり

「30MM 1/144 EXM-A9n スピナティオ (忍者仕様)」を部分塗装、スミ入れ、ドライブラシの3工程でアレンジいたしました。

つや消しスプレーを使った方が良い面もありますが、より短時間で、よりお手軽に製作することが可能です。

ちょい手間でアレンジしたい方の参考になれば幸いです!


YouTubeは「30MM スピナティオ(忍者仕様)」のショート動画です。

ユネプラ
ユネプラ

【簡単フィニッシュ】最小限の塗膜で魅せる | 30MM スピナティオ(忍者仕様)は、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
完成品
ユネプラをフォローする

コメント