EG ストライクガンダム 仕様のレビュー

仕様レビュー
ユネプラ
ユネプラ

EG(エントリーグレード)ストライクガンダムのレビューを行います。

機動戦士ガンダムSEEDに登場するストライクガンダムがENTRY GRADE(以下、EG)としてプラモデル化いたしました。
当記事では組み立てた「だけ」の状態から……

  • 成型色の見栄え
  • 肉抜きの場所
  • 合わせ目の場所

以上の3点を紹介いたします!

機動戦士ガンダムSEEDとは

『機動戦士ガンダムSEED』(きどうせんしガンダムシード、MOBILE SUIT GUNDAM SEED)は日本のアニメ作品。毎日放送(MBS)製作により、TBS系列で2002年10月5日から2003年9月27日にかけて全50話が放送された。『ガンダムシリーズ』の1つに属するロボットアニメで、主な略称は『SEED』(シード)。2004年には本作の直接的な続編として『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』が製作されている。

機動戦士ガンダムSEED – Wikipedia より引用

筆者にとってのファーストガンダムであり、まだアナログ放送の時代でした。
フェイズシフト装甲が「サーっ」と変化していくところが推しポイント。
当時は気にしませんでしたが、改めてみるとサービスカット多め。
18時台の気配を感じません。(私見)

「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」はU-NEXTで配信中です

概要

価格770円(税10%込)
発売日2022年01月15日
対象年齢8才以上
ENTRY GRADE 1/144 ストライクガンダム|バンダイ ホビーサイト (bandai-hobby.net) より引用

「ライトパッケージVer.」とは異なり、箱のパッケージ。
アーマーシュナイダーは無くなりビームライフルとシールドが付属します。

全パーツにタッチゲートが採用されており、ニッパーが無くても切り離しが可能。
別売りの「HGCE 1/144 エールストライクガンダム 」のエールストライカーを装備することも出来、幅広い遊びが出来ます。

内容物

  • 説明書
  • ランナー

成型色レビュー

サクサクとイージーに。
組み立てた「だけ」でもここまでの色分けが再現されるのは驚きです。

特に頭部はスゴイ。
トサカの発光部分は色分けがされていませんが、ツインアイの色分けがパーツ分割によって再現されているのは驚きです。

可動域も良好。
開脚などの「横方向」の回転は苦手ですが、膝立ちなどは可能。
躍動感のあるポージングが可能です。

やや気になるところはございますが、このクオリティで770円(税10%込)は良い。
手に取りやすく、慣れない工程などへのチャレンジにもオススメなガンプラです。

加工など

以下は筆者が気になった場所。
なんとかするかもしれないし、スルーするかもしれない……

メモ書きのようなモノです。

安全基準フラッグ

アンテナなどの鋭いパーツには「安全基準フラッグ」がついていることがあります。
「EG ストライクガンダム」にもついており、ポコっとした先端です。
気になる場合や、劇中のイメージに近づけたい場合はシャープ化をお勧めします。

肉抜き

いくつか肉抜きの場所はございますが……

  • 足首のグレーパーツ
  • 足の裏

以上のふたつは目立ちがち。
足の裏に関してはポージング次第ではございますが、気になる場合はパテなどでの肉埋めをオススメします。

合わせ目

膝の下の合わせ目が目立ちがち。
右足と左足の両方とも、左側にラインが入ります。

なんとかしたいですね。

ビームライフルの銃口

ビームライフルの銃口には穴が開いていません。
ピンバイスで穴あけをしましょう。

まとめ

EG ストライクガンダムの仮組みが終わりました。
タッチゲートを採用しており、ニッパーがなくても組み立てが可能。
色分けは細かく、ツインカメラも色分けがされているのは驚きモノ。

チョイチョイ気になるところはありますが、770円(10%税込)から考えると価格以上。
組み立ての工程から完成まで、感心しきりのプラモデルです。

初めてのプラモデルから慣れない工程へのチャレンジ用など。
幅広い方にオススメなプラモデルです。

ユネプラ
ユネプラ

EG ストライクガンダム 仕様のレビュー、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました