ウェザリングと仕上げ塗装 HG 1/48 レギンレイヴ(クレナ/アンジュ搭乗機)

過程
ユネプラ
ユネプラ

ウェザリングと仕上げ塗装を行います!

いよいよ大詰めを迎えた「HG 1/48 レギンレイヴ(クレナ/アンジュ搭乗機)」
ウェザリングに含まれる「ドライブラシ」と「ウォッシング」を行い……
仕上げ塗装を行い、塗膜の保護を行いましょう。

この記事がオススメな方
  • 使用した道具を知りたい方

ドライブラシ

筆に絵具・塗料を含ませて。
キッチンペーパーなどで「カッスカス」になるまで落とし、調整する。
プラモデルのエッジや角などに、「はたくように」動かしこすりつける。

以上の手順で行うウェザリング(汚し)技法をドライブラシと呼びます。

エッジや角の強調や、塗装が剥がれて金属が見える演出。
などに適した技法です。

ドライブラシに使用した道具

筆は毛先がまとまらなくなり、塗装には適さなくなった筆を使います。
その時々で変わり、気分で選択します。

絵の具はターナー色彩株式会社のアクリルガッシュ「シルバー」を使用。
金属感の表現に使います。

ウォッシング

汚し、洗い落とす

以上の工程を行うことにより、使い古した感じ。
年月が経過した雰囲気の演出が可能なウォッシング。

凹みに影色を入れることによる立体感の強調。
「スミイレ」を兼ねることも可能です。

ウォッシングに使用した道具

絵具は水彩絵具のなかでも「透明水彩」と呼ばれる絵具を使います。
ホルベイン画材株式会社の透明水彩「セピア」を水で3〜5倍程度に薄めたモノを使用。

それをぺんてる株式会社のナイロン毛の筆。
「ネオセーブル 平筆14号」を使い、大雑把に塗装。
キレイさよりも、塗り残しのないように塗装します。

その後、100均のセリアで購入した化粧筆「スマッジブラシ」で拭き取り、調整。
このときに重力の方向を意識し、筆を動かす。
そうすることで、雨が降り、汚れを伴いつつ流れ落ちた跡。

という雰囲気を演出することができます。

仕上げ塗装

最後の工程である仕上げ塗装。
質感の方向づけと共に、作品の保護。
塗膜の保護などを行います。

仕上げ塗装に使用した道具

  • マットバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • グロスバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSシリーズに含まれる仕上げ材を使用。
マットバーニッシュを基本としつつ、僅かにグロスバーニッシュを混ぜたモノを仕上げとします。

マットなつや消しの質感のモノは湿度が高いと「白化現象(白く曇ること)」の可能性があるのが困りもの。
加えすぎるとグロッシーになりますが、グロス(つや有り)に寄せると白化現象は起こりにくくなります。
梅雨時や、雨の時など白化現象の影を感じたときにでも、お試しくださいな。

まとめ

ついに仕上げも終わり、あとは組み立てるだけ。
ここまで来ると「早く組み立てたい」衝動が起こりますが、ここはグッと我慢。
24時間ほど置いておいてから、組み立てタイムへと参りましょう。

ユネプラ
ユネプラ

ウェザリングと仕上げ塗装 HG 1/48 レギンレイヴ(クレナ/アンジュ搭乗機)、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました