PR

リアルタッチマーカーでディテールを強調して部分塗装 | HG 1/144 ハインドリーシュトルム

ツール
ユネプラ
ユネプラ

ディテールを強調してみましょ

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ハインドリーシュトルム」の……なんだろう?

  1. リアルタッチマーカーでのディテールの強調
  2. 部分塗装で情報量アップ

以上の工程が終わりました。区切りとするかは難しいところですが、ここから先はクリアーを塗装してからの退色表現などなど……。ということで区切りとして、まとめます。

前回貼り付けたプラバンがリアルタッチマーカーで活きます!

工具・マテリアル

当記事の工程で使った道具をここにまとめます。

リアルタッチマーカー グレー3

【含まれている色】グレー3,ブラウン3,グリーン1,イエロー,ピンク1,ぼかしペン
¥1,490 (2024/06/19 09:21時点 | 楽天市場調べ)

ターナー色彩 U-35 ACRYLICS イリデッセントシルバー

ターナー色彩 U-35 ACRYLICS イリデッセントブロンズ

リアルタッチマーカーでのディテールの強調

良いですねぇ

リアルタッチマーカーのグレー3でスミイレ兼ウォッシングを行い、ディテールアップ。影を強調することによって立体感を高めます。

リアルタッチマーカーのグレー3はグレー1、2に比べて黒に近いグレー。「HG 1/144 ハインドリーシュトルム」はロービジビリティであり暗めの色調ですが、それよりも暗い色です。

手順としては、

  1. 凹みに塗る
  2. 余分なところを綿棒などで拭き取る

以上の繰り返し。

しかし、乾燥してしまうと綿棒などでは拭き取ることができません。ぼかしペンと言うモノもありますが、成型色活かしならハナシは別。

メラミンスポンジでゴシゴシと擦って落とす……という力技が可能です。

乾燥前に拭き取るのがベストではありますが、多少の融通は効くのでお試しアレ。

部分塗装で情報量アップ

プラバン部分の色の違いが……チョットだけ黄色寄りになっている?

塗り分けを行い、情報量アップを狙います。俗にいう部分塗装デスネ。

主に貼り付けたプラバンへの塗装。そしてノズルに塗装します。

使った絵の具はターナー色彩株式会社のアクリル絵の具の「U-35 ACRYLICS」。乾燥前は水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いが少なく扱いやすい絵の具です。

ノズルにはイリデッセントシルバー

プラバンにはイリデッセントシルバーイリデッセントブロンズを半々に調色した色を使いました。理由はなんとなくそうしたかったから……。好きな色だから……。というところ。

理由じゃない理由だァ

なんにせよ良い雰囲気になったのでヨシです。

まとめ | リアルタッチマーカーでディテールを強調して部分塗装

ふふふ……

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ハインドリーシュトルム」のウェザリングと部分塗装が終わりました。ウェザリングはまだまだ重ねる予定ですが、ひとまずここで区切り。この状態でも良い感じですが、もう少しいろいろやってみるので、お付き合いいただければ幸いです。

それではまた次回(‘ω’)ノ


YouTube版はこちら

ユネプラ
ユネプラ

リアルタッチマーカーでディテールを強調して部分塗装 | HG 1/144 ハインドリーシュトルムは、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

2級色彩コーディネーターのユネプラです。

主に筆塗りに関する知識や、製作の過程・ツールのレビュー、プラモデルのレビューなどを発信しています。

臭いの少ないツールで製作しているので、配慮が必要な環境で製作している方の参考になれば幸いです。

ユネプラをフォローする
ツール
ユネプラをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました