ウィンダム

完成作品

ネオ専用機カラー 完成 HGCE 232 ウィンダム

ネオ専用機カラーへと筆塗りにて全塗装。ついに完成へ……下地から仕上げまでターナーの『U35』を使用。臭いが少なく作業に専念できる良い絵具でした!
過程

調整とリタッチ HGCE 232 ウィンダム

ウォッシングでの失敗をリカバー。リアルタッチマーカーなどを使い足し算と引き算の繰り返し。なんとかなりました。
過程

ドライブラシ HGCE 232 ウィンダム

ユネプラ さて塗膜が一部ではあるものの剥がれ、キレイな仕上がりサヨナラバイバイ。ウェザリングコースへと進路変更なHGCE 232 ウィンダム。 使う道具の選択ミスから塗膜が剥げたHGCE 232 ウィンダム(ネオ専用機カラー) ...
過程

こういうこともあるさ HGCE 232 ウィンダム

ユネプラ こういうこともあるさ要するに失敗しましたネ……ははっ ウォッシングを行いましたが、色もウォッシング。下地への食いつきが強く、落とし具合のコントロールに難航。ジェットストライカーの時はグロスメディウム止まり。 塗装...
過程

Glossy HGCE 232 ウィンダム

ターナーのU-35シリーズから『グロスバーニッシュ』を筆塗りにて塗装。ツヤッツヤな光沢感を得てご満悦なHGCE 232 ウィンダム君。
過程

整面はグロスメディウムで HGCE 232 ウィンダム

U-35のグロスメディウムを使い整面を行うお話し。HGCE 232 ウィンダムをネオ専用機カラーへの色分けが終わり。ウェザリングの準備へ。
過程

組み上げて HGCE 232 ウィンダム

HGCE 232 ウィンダムをネオ専用機カラーをモデルに筆塗り全塗装。絵具はターナーの『U-35』を用いて色分け。色分けが終わり、形になったお話し。
過程

バイザーをAQUA BLUEで HGCE 232 ウィンダム

ターナーのアクリル絵具である『U-35』。『AQUA BLUE』を用いてHGCE 232 ウィンダムを筆塗りするお話し。
過程

QUINACRIDONE MAGENTA HGCE 232 ウィンダム

ターナーのアクリル絵具である『U-35』。『QUINACRIDONE MAGENTA』を用いてHGCE 232 ウィンダムを筆塗りするお話し。
過程

ターコイズな好みの色 HGCE 232 ウィンダム

ターナーのアクリル絵具である『U-35』。調色したターコイズな色を用いてHGCE 232 ウィンダムを筆塗りするお話し。
タイトルとURLをコピーしました