【塗装】HG M1アストレイ

過程

どうもこんばんは。
ユネプラへようこそ。

↓前回の記事はこちらから↓

【やらかした】HG M1アストレイ
その合わせ目消し、必要ですか? 時には他の選択肢を… ハイリスクな合わせ目消しの場所を共有

今回のテーマは…?

HG M1アストレイを筆塗り塗装する

関節を接着してしまった『M1アストレイ』
気にしないのは無理というものですが、進めていきましょう。

さてエアブラシでの塗装はおこなったことはありますが、筆塗りは初めて。
初めてなりにわかったこともあるのでまとめていきます。

一回目の塗装は回想シーン

一回目の塗装後

一回目の塗装。
ほんとにほんとの初めての筆塗り。

使用した塗料は株式会社GSIクレオスが発売している、『水性ホビーカラーのオレンジイエロー』
M1アストレイの赤い部分をこの色に染めよう。
そう思いチョイス。

いざ塗装。
塗料1:うすめ液1
の比率で薄め、塗装。

結論を言えば薄めすぎた。
塗料の伸びは良いのですが、粘り気もすくなく、流れやすい。

一回目の塗装後、拡大

薄めすぎればこのような結果になることがわかりました。

これからが本番

気を取り直して…

さてチュートリアルは終わりました。
今までのも本番では?いいえこれからが本番。

二回目は試しにそのままからスタート。
薄めない状態で。

二回目の塗装、終了

おぉおおおお!

塗料が流れることもなく、うまく食いつき、発色も良い。
筆ムラが目立ちますがそこはそれ。

伸びが悪くなったら薄め液を1~2滴ほど追加

時間がたつと乾燥が進み、伸びが悪くなります。
そんな時は『水性ホビーカラーうすめ液』を1~2滴ほど追加し、混ぜます。

塗装し、希釈。
もう少し発色をよくしたかったので三回目の塗装も終わり…。

三回目の塗装、終了

三回目の塗装が終わりました!
トップコートで筆ムラが消えるか分かりませんが、ひとまずこれで終わり。

まとめ

以上で『M1 アストレイ』オレンジイエローの筆塗りは終了。
以下、まとめ

塗料名水性ホビーカラー H24 オレンジイエロー
溶剤水性ホビーカラーうすめ液
希釈割合薄めない

筆塗りは準備や後片付けが楽なのがいいですねぇ。
まとまった時間が取れなくても進められるのが利点。

それでは今回はここまでで。
また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました