【01】HG IBO 027 ガンダムヴィダール 仕様レビュー ガンプラ

仕様レビュー
ユネプラ
ユネプラ

HG IBO 027 ガンダムヴィダールの製作をスタート。
素組での状態、色分けなどの仕様を解説いたします!

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2期に登場する『ヴィダール』の搭乗機。

ガンダムヴィダール

72機あるガンダムフレームの一機であるが、謎の多い機体。

HGの方のプラモデルは2016年12月上旬に発売。
まだまだ新しいプラモデル。
と言えるのではないでしょうか。

パッケージ、付属品、素組(仮組み)、まとめ
以上の4段階に分けて構成。

それではいきましょう!

パッケージ

パッケージイラスト

バーストサーベルで敵を一閃。
凛々しいガンダムヴィダールが描かれたパッケージイラスト。
時代、そして作品によってリアルタッチ。
イラストタッチなど個性があるパッケージイラスト。

ガンダムヴィダールのパッケージイラストはイラスト寄りでありメリハリの効いたかっこよさがありますな。

付属品

説明書、ホイルシール
ランナー×4。内一枚はポリキャップ。
  • 説明書×1
  • ホイルシール×1
  • ランナー(パーツ)×4
Bランナーは多色成型。一枚で4色カバーしている。

ランナー数は少ないものの、色分けは細かい。
特にBランナー4色が一つのランナーとなっており、ちょっとした驚き。

素組(仮組み)

前面。組み立てただけですが……

ランナーからパーツを切り離し。
ゲートをニッパーで切れるギリギリまでのカットを行う。
ダボに切り込みを入れて分解を行いやすくしつつ、素組(仮組み)

背面。それでもかぁっこいい……

ガンダムヴィダールの素組(仮組み)

ただ組み上げただけの状態。
ではありますが、形になると何とも言えない感慨。
かっこよさを感じますね。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズは大好きなガンダムの一つ。
この世界での『ガンダム』とは外観を示すモノではなく……
フレーム、骨格を示すモノという設定が新しく感じたモノ。

シールを使わずの組み立てではありますが、それでもこの色分け。
ポテンシャルの高さを感じますな。

まとめ

印象的な二丁拳銃も!

HG IBO 027 ガンダムヴィダールの素組(仮組み)をサクッと組み終えました。
色分けは細かいながらも、パーツ数は多くはなく組みやすいガンプラです。
可動域も広く、自由度の高いポージングが可能。

しかし合わせ目肩、腕、サーベルラック、ライフル、リアクターの中央などに発生。
気になる場合は消す、もしくはデザインとするなどの加工が必要。

ユネプラ
ユネプラ

【01】HG IBO 027 ガンダムヴィダール 仕様レビュー、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

『ホビーサーチ』の購入ページはこちらから

↓1/100スケールはこちら↓

『ホビーサーチ』の購入ページはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました