HG 1/72 アメインゴースト 筆塗り全塗装にて完成

HG 1/72 アメインゴースト完成作品

プラバンの貼り付け

ディテールアップの手法のひとつ、「プラバン」の貼り付け。
細かくカットしたプラバンを貼り付ける……

「盛る」方向のディテールアップです

プラバンの貼り付けで使用した道具

  • タミヤ プラバン 0.3mm
  • ウェーブHG ディテールパンチ 台形1
  • デザインナイフ
  • イージーサンディング

ミニ四駆などでおなじみの株式会社タミヤのプラバンを使います。
厚さは0.3mm。
この厚さのチョイスには後述のディテールパンチが関わります。

続いて使用したのは株式会社ウェーブの「HG ディテールパンチ 台形1」
書類などをファイリングする時に使う2穴パンチ。
複雑な形状をワンプッシュで打ち出せるスグレモノです。

今でこそプラバンのカットに抵抗がなくなってきましたが、最初は躊躇(ちゅうちょ)したもの。
ディテールパンチを使ってみて、壁を乗り越えて……沼にはまった気がいたします。

ディテールパンチで打ち出した形状も使いますが、「もっと細かい」プラバンが欲しい時もあります。
その場合はデザインナイフを使い、切り出します。

プラバンの貼り付けには株式会社タミヤの「イージーサンディング」を選択。
短時間で硬化し、プラスチックとあまり変わらない硬度になるため「合わせ目消し」や気泡の穴埋めなどにも活躍する「イージーサンディング」
プラバンの貼り付けに関してはアドバンテージはありませんが、使いやすく重宝している瞬間接着剤です。

下地塗装

  • 絵具や塗料の食いつきを高めるために
  • 加工でついた傷を埋める(細かい傷なら可能)
  • 成型色を隠蔽(いんぺい)し、統一する

……などの目的で行う下地塗装。
「HG 1/72 アメインゴースト」は黒めの成型色ではございますが、もっと黒くしたい。
ということで下地塗装を行います。

下地塗装で使用した道具

  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号
  • 食器乾燥機(山善)

下地材として使うのはターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれる「ブラックジェッソ」
その名の通り黒い下地材であり、質感はつや消し。
希釈は水で可能です。

個人的な感覚ですが……

臭いはありますが、シンナー系の臭いは感じません。
U-35 ACRYLICS、アクリルガッシュよりは臭いが強めです。
しかし、総合的に考えると「臭いは少なめであり、使いやすい下地材」です。

塗装

色を塗る工程である「塗装」
使う道具や技法によっていろいろな手法がございますが、シンプルかつヒューマンパワー。

筆で塗装します。

塗装で使用した道具

  • U-35 ACRYLICS 各色
  • グレージングメディウム(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆6号
  • ぺんてる ネオセーブル 丸筆0号

ターナー色彩株式会社のアクリル絵具「U-35 ACRYLICS」を使います。
別名「アクリリックス」とも呼ばれる絵具です。
性質はヘビーボディであり筆塗りに適しており、混色しても濁りが少ない。
そして臭いが少ないのが良いところです。

さらに伸びやすく、そして乾燥時間に余裕が欲しいため、「グレージングメディウム」を添加。
本来はグラデーション技法を行いやすくするためのメディウム(添加剤)ですが、リターダー的な使い方をします。

筆はぺんてる株式会社の「ネオセーブル」を使います。
まずは平筆14号で大まかに塗装。
そして平筆6号で詰めを行い……
細かいワンポイントに丸筆0号を使います。

デカールの貼り付け

水転写デカールを貼り付けて情報量のアップを行います。

デカールの貼り付けで使用した道具

  • 1/144 RB01 コーションデカール ワンカラーオレンジ(1枚入)

株式会社ハイキューパーツの水転写デカールから、「1/144 RB01 コーションデカール ワンカラーオレンジ(1枚入)」を使います。
デカールの貼り付けに関しては学ぶことが多いですが、同社の記事が参考になります。

フレームアームズ・ガール「轟雷」アイデカールでカスタム
自分で作った轟雷は愛着が湧きますね! コトブキヤ「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ「フレームアームズ・ガール」の轟雷のカスタム例です。塗装済み完成品のフィギュアが多いマーケットですが、このフレームアームズガールは ...

デカール保護のためのクリア塗装

そのままでは剝がれやすく、段差も目立ちます。
クリアを塗装することで剝がれにくくするとともに、段差を誤魔化します。

もしも完全に段差をなくしたい場合は研ぎ出しが必要ですが……
クリアを塗装するだけでも段差が目立ちにくくなります。

ウォッシング

  • 汚して
  • 洗い落とす

以上の工程を含むウェザリング(汚し)技法を「ウォッシング」と呼びます。
凹みに影色を入れることによる「スミイレ」も兼ねることが可能であり、筆者が好んで使う技法です。

ウォッシングで使用した道具

  • ホルベイン 透明水彩 セピア

水彩絵具のなかでも透明感がある「透明水彩」を使います。
メーカーはホルベイン画材株式会社。

暗めの茶色である「セピア」を水で3倍ほどに薄めて「塗り残しの無いように塗装」
その後、重力を意識して筆で拭き取ります。

ドライブラシ

  • 筆に塗料を含ませる
  • カッスカスになるまで拭き取る
  • エッジ、角などに「はたくように」動かし、塗料をのせる

以上の工程を含むウェザリング(汚し)技法を「ドライブラシ」と呼びます。
使う塗料によって得られる効果は変わりますが……

「シルバー」でドライブラシを行うと「塗料が剥がれて中の金属が見える感じ」を表現できます。

ドライブラシで使用した道具

  • ターナー アクリルガッシュ シルバー

ターナー色彩株式会社のアクリルガッシュから「シルバー」を選択。
筆に含ませて、キッチンペーパーなどで「カッスカス」になるまで拭き取り、ひたすらドライブラシ。

ドライブラシに限りませんが、ひとつのパーツに集中するよりも「全体を少しずつ」進めるとヨシ。
ひとつのパーツがやたらと「ボロボロ」……のような事態を防げます。

仕上げ塗装

  • 作品の保護
  • 質感の方向づけ

などの目的で行う仕上げ塗装。
いよいよ最後の工程です。

仕上げ塗装で使用した道具

  • グロスバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれる仕上げ材から……
グロスバーニッシュを使います。
質感は光沢。
臭いも少なく、お気に入りの仕上げ材です。

塗装はぺんてる株式会社の「ネオセーブル」から……
平筆14号でサクサクと進めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました