【シール貼り】HG RX-78-2 ガンダム (オリンピック) ガンプラ

過程

どうもこんばんは。
ユネプラへようこそ!

今回はHG RX-78-2 ガンダム『東京2020オリンピックエンブレム』仕様のシール貼りを行います!

↓前回の記事はこちら↓

「東京2020オリンピック公式ガイドブック」はこちら

使用するシール

付属のシール

使用するのは付属のシール。
通常仕様にもついてくるシールの色違いバージョンと、
オリンピック仕様についてくるシールを使います。
通常仕様のシールは不透明で下地の色を隠しますが、
オリンピック仕様のシールは透明で、印刷されてない部分は下地の色を隠しません
なので仮に塗装しても、使うことが可能です。

頭のシール貼り

それではさっそくシールを貼っていきましょう。
まずは頭から。

頭を分解

シールを貼りやすいように分解しました。
拡大しすぎた感がありますが…カメラの限界でした…!
目の部分はクリアパーツになっており、
シールは選択制になっています。

目のシール

1番はクリアパーツに直接貼り、色分けをするタイプ。
2、3番は下の青いパーツに貼り、クリアパーツ越しに見える色を水色にするタイプ。
せっかくのクリアパーツなので、後者のタイプを選びました。
が、そのままだと縁取りもクリアのままなので、
その部分をブラックで塗装し…

目のクリアパーツ ふちどりをブラックで塗装

塗装が終わりました。
使用したのは「キャンドゥ」で購入した水性マーカーのブラック。
かわかないうちは綿棒やティッシュで拭き取り可能なので重宝しています。

シール貼り終了後

頭のシール貼りが終わりました!
目がキラッと光っている様子を写真に撮るのは難しいですね…
肉眼で見る限りは角度を変えると見え方も変わり
そして奥に水色が見える…
といった感じでとても見ごたえのある仕上がりです。
…それではどんどん、他のパーツも貼っていきましょう…!

シール貼り完了

シール貼りが終わりました!
頭さえ…頭さえ終わればどんどん行ける…!
頭さえ押さえればあとはドンドン行くのみ。
股間のV字マークに通常のシール。
胸と肩、そして台座にオリンピック仕様のシールを貼り終え撮影タイム。
立っているだけではありますが、立っているだけにはならないよう、
力強さを意識してポーズを付け、あとは撮影するのみ。

後ろ

そして後ろ。
いつもは台座を回してますが、エンブレムは前に向けたかったので本体のみ回してます。
台座以外、かわってないですが…
かっこいい…!

終わりに

たまには俯瞰で

いかがでしょうか。
以上でHG RX-78-2 ガンダムの『東京2020オリンピックエンブレム』仕様の、
シール貼りを終わりにします!

目がクリアパーツで小さいながらも、きらきらっと見ごたえがあります。
が、写真だと難しいですね…

それでは今回はここまでで!
御覧いただきありがとうございました!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました