筆塗り全塗装にて完成 仮組み後から完成まで! Figure-rise Standard LENA エイティシックス

完成作品

下地

目指す色によって下地の色を使い分けてみた

絵具・塗料の食いつきをよくするために下地塗装。
最終的な色よりも少し暗めの色を調色し、塗装。
肌の場合は血色がイイ感じにしたい、と思ったので暖色系にするなど試行錯誤。

使用したモノ

ジェッソは100均のドレッシングボトルに移し替えて使用。混色しておいたモノをそのまま使え、利便性もアップ!
  • ジェッソ
  • ブラックジェッソ

肌以外は水溶性の下地剤であるジェッソ2種を混色したモノを使用。
メーカーはターナー色彩株式会社。
同社の「U-35」シリーズに含まれているジェッソを使用しています。

粒子は粗目であり隠ぺい力は強い。
用途としてはプラモデル用の下地剤である「サーフェイサー」と同じ。
そして臭いが少ないことから、愛用中の下地剤です。

エアブラシで使うには?

ハンドピース

水で薄めることでエアブラシでの塗装は可能ですが、エア圧や口径が足りないと詰まりがち。
必ずテストを行い、確認を行ってから使いましょう。

乾燥した場合の洗浄には「キッチン用のマジックリン」
アルカリ性のマジックリンでの洗浄が可能。
そして最後には、水洗いをお忘れなく。

肌の下地には暖色系をプラス

この暖かい色g……
  • ピロール オレンジ

肌の下地にはピロール オレンジを追加。

  • ジェッソ 70%
  • ピロール オレンジ 30%

くらいの比率。

塗装を行うことでプラモデルの透過はなくなりますが、下地に赤系の色を使うことで透け感。
肌の奥に血が通っているような感じ。

を、表現したいところ。

塗装

U-35 20mlのチューブ外観

いよいよ色を塗る工程へ。
フィギュア系は初ということもあり、勝手はわからない状態。
いろいろ調べたけど、やっぱりわからない。

えぇいままよ!

と、進めて課題はあるものの、一定の満足感を得られる結果へ。

使用したモノ

U-35 20ml 24色セットの箱外観
  • U-35

ターナー色彩株式会社アクリル絵具である「U-35」を使用。
絵具の発色の良さ、透明感の強さ、伸びの良さ。
そして臭いが非常に少なく使いやすいアクリル絵具ですな。
乾燥前は水溶性であり、水での希釈が可能。
乾燥後は耐水性となり、水では溶けなくなります。

そして臭いが少なく作業性が良好。
製作環境に縛りがある方に特にオススメ出来る絵具です!

GSIクレオスの水性トップコートもクラックを起こすことはなく使用が可能!
検証を行った記事はこちらです。

色レシピ

使用した色をメモ代わりに記載。
大体これくらい。
という「ふわっと」した目安のようなモノですが、ご参考に。

顔等

  • ライト オレンジ 100%
ちょっとホラー

健康的な肌を表現するならば単色。

や、もうちょっと色白に……

と思うのであれば、「チタニウム ホワイト」の追加をオススメ。

服等・ブルー部

  • フタロ ブルー (グリーン シェード) 70%
  • ディオキサジン パープル 20%
  • ジェット ブラック 10%
ネイビー

服等・ブラック部

  • ジェット ブラック 100%
ポーチ

服等・レッド部

  • ナフソール レッド ライト 100%
ワンポイントに

服等・ホワイト部

  • チタニウム ホワイト 50%
  • アンブリーチド チタニウム 50%
シャツなど

服等・ブラウン部

  • バーント シェナー 50%
  • ロー アンバー 50%
ガーターベルトとニーハイの境目

服等・ゴールド部

  • イリデッセント ゴールド 100%
デジャヴ?そうです

  • フタロ ブルー (グリーン シェード) 40%
  • ディオキサジン パープル 20%
  • チタニウム ホワイト 40%

最初に暗めを意識して多めに作成し、影への塗り忘れのないように全体的に塗装。
その後、チタニウム ホワイトを徐々に足していき、ハイライト部分に塗装。
髪の立体感の演出を狙いました。

立体感を狙う

添加剤

  • グロスメディウム
透明度をあげることによって「段階的に明るくする」場合の色の境界線の調整が行いやすくなる。

徐々に明るい色を重ねていく
などのグラデーションをかけるときに使用したのはグロスメディウム。
絵具の透明度を上げる作用があり、調整が行いやすくなります。

スミ入れ

スミ入れを行ったのは一部分。瞳の上のライン。シャツのラインなど。

凹みに暗い色を流し込むことによる立体感の強調を行う「スミ入れ」
フィギュアライズスタンダードのレーナは2021年の4月に発売したプラモデルということもあり、モールドはシッカリ目。
とはいえ、迷走したことにより塗膜は厚めになり、凹みモールドは埋もれがち。
不安があれば塗装する前に、深堀りを行った方が安全。

使用したモノ

エフ水彩
エフ水彩のパッケージ。古いモノなので今とはパッケージイラストが違う。
  • エフ水彩 くろ
  • エフ水彩 こげちゃ

ネイビー部分などの暗めの場所に「エフ水彩 くろ」を使用。
ホワイト部分などの明るめの場所に「エフ水彩 こげちゃ」を使用。
水彩絵具のひとつであるエフ水彩。
水溶性の絵具であり、乾燥後「も」水溶性。
仕上げ工程で溶けないよう、注意が必要。
しかし使うからにはメリットもあり、それは……

  • 時間が経っても修正が可能なこと。
  • プラスチックを侵さないので割れる心配がないこと。
  • 臭いが少ないこと。

パッと思いつくメリットとして上記の3つが挙げられる。
特に時間が経っても修正が可能なこと、臭いが少ないこと。
それは筆者の心を射止め、使用を続けているところ。

シール貼り

命が吹き込まれた……!

描きこむのが難しい……
そう感じた場所は付属のシールを用いて再現。

使用したモノ

使用したシールの枚数は7枚。ホイルシールは使用していない。
  • 付属のシール(マーキングシール)
  • ピンセット

貼るシールは瞳と腕章であり、枚数としては7枚。
指で貼ろうとすると油分がつき、見た目としても汚く。
そして接着力も弱まり……
なにより「狙った場所に貼りにくい」

ので、そこは素直にピンセットを用いて貼り付ける。
とはいえ、非常に小さい面積で貼り直しは難しい工程。
かかった時間は少ないものの、シール貼りにかけた「労力」は非常に高いモノがありましたな。

仕上げ

金属類=グロス。ネイビー=セミグロス。シャツ=マット。

塗膜の保護質感のコントロールの工程である仕上げ。
別名トップコートとも呼ぶ工程へついに到達。

使用したモノ

マットバーニッシュ。グロスバーニッシュの外観。
  • グロスバーニッシュ(U-35)
  • マットバーニッシュ(U-35)

ターナー色彩株式会社「U-35」シリーズ仕上げ材であるバーニッシュ2種を使用。

  • グロス=ツヤ有り
  • マット=ツヤ消し

であり、混ぜると……

  • セミグロス=半ツヤ

などにツヤ感のコントロールが可能な仕上げ材。

乾燥前は水溶性であり、水に溶ける仕上げ材。
乾燥後は耐水性となり、水では溶けなくなります。
伸びがよく、乾燥前は目立つ筆ムラも「ある程度」は平滑化。
目立たなくなりますが、過信は禁物。
そして臭いが少なく、作業に専念できること。
これも推しポイントですな。

エアブラシで使うには?

キッチン用のマジックリン

水で薄めることでエアブラシでの塗装は可能。
とはいえ水で薄めることで粘度の低下がどうしても起こるので……
必ずテストを行い、確認を行ってから使いましょう。

乾燥した場合の洗浄には「キッチン用のマジックリン」
アルカリ性のマジックリンでの洗浄が可能。
そして最後には、水洗いをお忘れなく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました