下書き | 日記 2022年6月4日

HG 1/144 シュヴァルベカスタム(シクラーゼ機) 日記
ユネプラ
ユネプラ

プラバンの貼り付けへ

プラバンの貼り付けへ……入る前に下書きをしましょう。
下書きをしなくても進めることは可能ですが、悩みながら進めるのは時間がかかるもの。

どこに貼るか・どのように貼るか

それをあらかじめ決めておくことで、トータルで見た場合”スピーディー”に終わります。

ただし、下書きの段階で100%決まることはありません。
せいぜい70%でしょうか。

下書きは2次元で実物は3次元。
一枚の絵では裏面まで見えないことから、そこは作業を進めてから決めることになります。
(裏面の絵を描きこむ……という手もありますが)

70%ほど決めて、進める。
“決めてから進める”のが重要なことかな、と思う今日この頃。

“進めながら決める”よりも悩まず、整合性を得られます。
また、表面のみではありますが下書き……デザインの方向性を決めておくことで、裏面も進めやすい。

“表面のデザインの延長線上に進めれば良い”のですから。


赤がプラバンを貼る場所

長々と語りましたが、どこにプラバンを貼るか”決めました”
ぺたぺたと進めるといたしましょう。

ユネプラ
ユネプラ

日記 2022年6月4日は、ここまで。
ごらんいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
日記
ユネプラをフォローする

コメント