PR

日記 2022年2月7日

ENTRY GRADE 1/144 ストライクガンダム 日記
ユネプラ
ユネプラ

肉抜きを埋めよう

EG ストライクガンダムの加工編。
まずは肉抜きを埋めて行きます。

というのも「乾燥」という待ち時間の発生する工程。
先に盛り付けておいて、他のスジボリなどの工程を進めれば無駄がでないというものです。

使用するのは石塑粘土である「ラドール」
石粉粘土そのものは100均でも置いてあり、ポピュラーでしょうか。

粘土の特徴としては「臭い」は少なめ。
完全に硬化する前ならば水で滑らかにすることが可能。
硬化後はデザインナイフや、ヤスリで整えることが可能。

冬という湿度が低めの気候。
ということもあると思いますが、盛り付けから12時間ほどで削りこみが可能です。
そのときの厚さは約5mm。

注意点としては削り込みのときに粉が発生すること。
当たり前ではございますが、プラモデルのヤスリ掛け以上に舞いやすい粉が発生します。

対策としては……

  • 吸い込まないようにマスクをすること。
  • 湿らせたティッシュなどを下敷きにし、そこに削りカスを落とすようにすること。

と言う感じでしょうか。

何はともあれ、もう「粘土の削り込み」が出来るようになりました。
想定外です。

まだまだスジボリに入っていないのに……
嬉しい悲鳴ですね。

ユネプラ
ユネプラ

日記 2022年2月7日、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユネプラをフォローする
ユネプラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました